plustoken復活の兆し!公式サイトなどの最新情報2020年版

こんにちはJINです。

ここ最近、プラストークン(plustokenが復活するというような話題で界隈が盛り上がっています。

私自身、損はしていませんが、plustokenには資金が入っているので、復活してくれればうれしいですが、新しく出てきている情報の信憑性が気になりますね。

今回は動画の方でも解説していますので、動画の方が良いという方はこちらをご覧ください。

プラストークンが停止になった理由

まず、プラストークンが停止した理由として言われているのが、WBF 趙勝(Zhao Sheng)の仕業。

趙勝は元々plustokenに投資をしていたのですが、plustokenがうまくいっているので報酬というかもっとお金をよこせ、というような要求をしたそうです。

しかしplustoken側がそれを拒んだため、多くの技術者を引き抜いて新たにSBLOCKなどの配当型ウォレットを立ち上げました。

上の写真のように、plustokenのCEOであるLEOと握手しているにもかかわらず、WBFはplustokenとは一切関係が無いというようなことを言っています。

この真相が本当かどうかは分かりませんが、もし本当だとすれば趙勝はとても許せませんし、こういう人間がやっているのでSBLOCKやっている方は早めに資金を抜いたほうがいいんじゃないかと思います。

plusokenの資金

下記のアドレスから、BTC・ETHはすでに送金されているので、気になる方は追ってみてください。

BTC open dog address:

https://btc.com/33FKcwFhFBKWHh46Ksmxs3QBu8HV7h8QdF

ETH open dog address:

https://etherscan.io/address/0xF4a2eFf88a408ff4c4550148151c33c93442619e

Eos open dog address:

https://eospark.com/account/eospstotoken

最新のplstoken情報

ここ最近、plustokenが復活するというように盛り上がっている要因としては中国のデジタル元(DCEP)と公式サイトと言われているサイトが立ち上がったことです。

中国のDCEPとの関係

plustokenがDCEPと関係しているのでDCEPが発行された後でなければ復活しない、という内容です。
ただ、裏を返せばDCEPが発行されればplustoken上でDCEPの取り扱いが出来るという事なので復活するというものです。

DCEPのトランザクションの内容など、plustokenを匂わせるような内容もあるので可能性が全くないわけではないと思っていますが、期待薄で待っています。

公式サイトと思われるサイトの誕生

これ、私としてはあまりこのサイトは信用していません。

https://plustoken.io/

サイトの作りからしてplustokenの公式サイトとはとても思えないですよね。

まずプロジェクトの説明すらなく、代理店?募集の内容しかない時点でね・・
今の停止していることに対してのことも一切触れていない時点でほぼ公式ではないでしょう。

このサイトの意図としては、個人情報を集めて売るか、
もしくは復活の情報を得ていて先に動きを取るために作成したかと思います。

後者ならいいですが、前者だった場合は詐欺師に情報与えるだけになるので、間違っても今の段階で情報入力するなんてことは無いようにしてください。

少し前にもplustokenに似たアドレスでサイトが作られているものがありましたが、
アレはたしか韓国人が作成していたサイトで全く関係が無いというオチでした。

過去に、9月や11月に復活するというような情報も出ましたが結局は復活しませんでした。

その日程情報を流していたのは韓国のリーダーとのことで、まったくふざけてます。

なのでこの手のサイト情報などは一切信用していないという状態です。

復活するのかのまとめ

とりあえず今回の最新情報で期待が出来るものというのは、
DCEP絡みの内容が真実なら期待というところですね。

公式サイトとして騒がれているのは個人的にはナシです。

本当にhttps://plustoken.io/のサイトをみて、疑いを持たずに公式サイトだと思ってしまう人はちょっとヤバイです。

plustokenの名前を使って色々と他案件に誘導したりしているアフィリエイターもいるので、騙されないように注意してくださいね。

ご質問はお気軽にLINEまで!

登録特典

・後々にも役に立つ軍資金30万円を簡単に稼ぐ方法
・億トレーダーのFX自動売買PAMM初期無料使用権利
是非ご活用ください。