POCKETHASH(ポケットハッシュ)クラウドマイニングの月利がヤバイ!登録から運用まで解説

こんにちはJINです。

今回情報として入ってきた案件の名前はPOCKETHASH(ポケットハッシュ)

噂では登録してKYC完了すると900$もらえるとか・・。真相はオープンした際に確認します。

2020.1.31追記
オープンし中身を見ました。確かに900$は貰えますが、個人的に魅力を感じる案件ではなかったため、投資するのを止めました。

クラウドマイニングサービスとなりますが、
通常のマイニング案件と比べると配当が高く注目を浴びています。

日本での登録は1月25日からとのことですので、
登録方法などは25日以降に配信予定です。

この記事ではPOCKETHASH(ポケットハッシュ)が信頼できるのか。

どのような企業が関係しているのかなどまとめていきます。

POCKETHASH(ポケットハッシュ)とは

POCKETHASHはプレスリリースが暗号通貨界隈では有名な情報サイトから配信されています。

POCKETHASH Ltd,は人工知能の開発やASICの開発などを行い、アメリカ大手銀行から融資を受けています。

マイニング工場は中国にあり、
数万台の最新のマシンを1日24時間稼働させて
ビットコインをマイニングしています。

POCKETHASHはクラウドマイングサービスの提供をしますが、
ウォレット、取引所、ニュース、コニュニティ等が一つになった
アプリケーション「POCKETHASH」の開発も完了しており、
すでにOPENしている地域もあり好評とのことです。

11月に開催された約1000人規模で行われた
フィリピンのブロックチェーンカンファレンスにも出展し、
今年は日本だけでなく欧米でもリリースをするという事で
各地のカンファレンスにも出展を予定しているようです。

また、大手クレジット会社とも提携が決まっているということです。

POCKETHASHのプラン

1/15現在で分かっている情報ですが正確な情報はリリース後に違っていれば修正します。

POCKET HASHの参加ユーザーは、
POCKET HASHが保有するマイニングマシンをリースし
収益を出すことが可能となります。

・最低運用額:50ドル~
・日利0.8~1.1%
・月利24~33%
・独自通貨『PHT』で配当
・1PHT=1$
( に交換して即出金も可能)
・運用対象銘柄『BTC/ETH/USDT』

POCKETHASHに対する個人的な意見

気になるのはHYIP並みの配当の高さです。

マイニングをしている通貨(例えばBTC)で配当を出すわけではなく、
独自トークンで配当を払い出すといういことなので、
可能な数字となっているとは思いますが、
いずれにしても出金の際にはBTCなどに交換して出金することになると思います。

他プロジェクトが進んでいない状況では、
独自トークンの利用価値が無い状態ですし、
ここ最近の配当型ウォレットのような案件は、
飛ぶイメージがありますから基本的に配当は換金されるものが多くなるはず。

となると、その配当の高さで、実際にマイニング出来ているならいいですが、
そうでなければもしかすると配当が激減したり、出金制限が掛かったり
することになる可能性はありますね。

ただ、POCKETHASH自体は実在する企業ですので、
HYIP案件のような本当に会社があるかどうかわからないということはありません。

今後、BTC価格も上昇してくる見込みもあるので、
性能が良いマシンをクラウドマイングするなら利益を出せる見込みもありそうです。

POCKETHASHに登録で900$ボーナス?

登録してKYC申請するだけで900$がもらえるとの情報があります。

もちろん登録は無料です。

事実かどうかは1/25に登録後確かめてきます。

900$(約10万円)本当にもらえるのであれば参加しない理由も特にないので参加してみようと思います。

POCKETHASHに登録方法

おすすめしませんので、こちらで登録方法を記載するのは止めました。

ご質問はお気軽にLINEまで!

登録特典

・後々にも役に立つ軍資金30万円を簡単に稼ぐ方法
・月利15%超えのFX自動売買MAM無料使用権利
是非ご活用ください。