Helium(ヘリウム)の無料マイニング!登録方法と期待しかない理由を解説

こんにちはJINです。

今回は以前も一度、紹介したことがありますが、Helium(ヘリウム)という暗号通貨をマイニング出来る案件を紹介したいと思います。

今回の案件では端末が無料で配布される(送料は必要になる)ので、持ち出しが無くマイニングできる点はかなり有利になります。

無料だと大したことないのでは?と思うかもしれませんが、これは後程、説明しているyoutube動画を視聴していただくと分かりますが、状況によっては月に数万円程度かせぐことも十分可能になっています。※登録後に自身のページから海外などのすでにオンラインになっている端末が、どれくらいの収益を出しているかが確認出来ます。表示されている金額のすべてがご自身に入る訳ではありません。

Heliumというのは物のインターネットであるIOTネットワークの企業です。

これから確実に伸びてくるIOTネットワークに参加して不労所得を得る。しかも無料で。

Heliumネットワークは使われるのか?という事を考える人もいると思いますが、HeliumはActilityというIOTを牽引する企業とのローミングパートナーとなるなど急速に成長しています。※こちらの記事を読んでいただくと、Heliumの可能性を感じられると思います。

HeliumがActilityとローミング契約

ActilityとHeliumが、企業の採用をグローバルに推進するためのローミング統合を発表

無料で出来て月に数万円稼げる可能性がある案件なので参加しない理由はありませんよね。

Heliumは世界的に有名な取引所Binanceをはじめ、FTXなどの取引所に上場済みで、価格も安定して上昇してきており、時価総額では61位(2021.10.12現在)ですので、良くあるマイニングした通貨が上場していても流動性が無くて売れないとか、そういう状況になる可能性は低いです。

信頼が出来る通貨を無料でマイニング出来る環境があるのは、私はHeliumしか知りません。

Heliumは半径300メートル以内に登録者がいると登録できない仕組みなのですが、日本ではほとんど広まってないのでブルーオーシャンです!すでにかなりのの勢いで広まっています。登録は早い者勝ちなので興味ある方は急いでください。下の図のオレンジ●の部分は予約が入っているポイント(2021.10.19時点)です。世界中でとんでもないことになっています。

アフィリエイトも無料案件なので簡単ですが、報酬制度がとても魅力的で安定的な不労所得を得るチャンスです!

Heliumのマイニングの特徴として、自身の端末のみの設置で周辺になにも他の端末が無い場合は報酬が少ないので、友人などに紹介してネットワークを構築した方が報酬が増えます。自身の紹介では無くても周囲に端末を置く人がいればOKですので紹介出来なくても心配不要です。※上の図でも分かる通りトンデモナイ勢いで広まっているので、紹介出せない人でもチャンスがあるのが分かると思います。都心部ではすでに予約弾かれる人も出ています。

まずは行動してチャンスをつかんでくださいね!
Heliumには大きな資金が集まっています。
Helium120億円の調達 参考関連記事

そもそも私がHeliumに参加しようとした理由

世の中には数多くのマイニング案件がありますよね。

しかし私は他のマイニングの案件には参加をしていませんし全く興味ありません。

ではなぜ今回のこのHeliumマイニングに参加したのか。それについて少しお話ししたいと思います。

IoTは今後必ず伸びる

まず、簡単に言うとHeliumはIoTネットワークを提供するprojectです。

例えばIDC Japanが2021年4月に発表した内容では、国内の2020年のIoT市場のユーザー支出額は6兆3125億円となっており、それが2025年には10兆1902億円に達すると言われています。

個人消費以外では「組立製造」「プロセス製造」「官公庁」「公共/公益」「小売」「運輸」で使われ、製造現場へのIT/IoTの導入が推進されていることや、社会インフラの老朽化対策や交通システムの高度化、スマートグリッド(次世代送電網)に対する支出増、サプライチェーンでのIoTの利用拡大されると言われているので伸びる市場だという事は明らかです。

これらの現場などでもHeliumネットワークが使われれば長期間稼げる可能性がありますよね。

Heliumの規模や実績、成長速度

IoTの市場が成長したとしても、そもそもネットワークの構築ができなければ意味がありません。

冒頭の上のMAPでも分かると思いますが、世界中で広がりを見せておりその勢いは落ちることなく成長しています。

スタート当初は世界で6,000か所でしたが、2021年10月19日現在24万か所に増え、月に6万か所も増え続けています。単純にこのペースでいけば来年には単純に100万か所ほどでHeliumの端末が電波塔の役割をしてネットワークを構築していることになります。

Heliumマイニングに参加する人は、Heliumをただマイニングしたい人、ネットワーク構築して紹介報酬得たい人など、様々な人が参加していますが、スタート当初と明らかに違うのは、すでにHeliumの価格が上昇し、数万ある暗号通貨の中で60位という有名な通貨になっているという点です。

本当に使える通貨なのかも分からない通貨のマイニングには興味ない人が多いですが、マイニングすれば確実に売れる通貨で、今後まだ上昇する可能性があるという評価を得られる通貨にまで成長しているので、マイニングしたいという人も増えるでしょうし、すでに大手企業に使用されているActilityなどとも提携しており、海外では実際にHeliumネットワークが使われるケースもあるので、こんなネットワークに無料で参加できるならしたい!と考える人も多く、それを考慮すると今以上に速いスピードで成長すると思っています。

Heliumの報酬の支払いが明確

Heliumマイニングを今までの暗号通貨案件と捉えるのも違うのかもしれませんが、今回のように紹介報酬がある案件というのは過去にもたくさんありましたし、今現在でも多くあります。

しかし暗号通貨界隈で広まっている案件の多くが、紹介報酬などの支払い原資が何なのかが不明瞭な物ばかりです。基本的に詐欺が多いのでほとんどがポンジースキームになるのですが、iHubが提供する今回のHeliumマイニングではどこから支払われるかが明確です。

下の図を見てもらうと分かりますが、各端末が生成したHeliumの配布割合が明確に決められています。

生成したHNT(Heliumトークン)の

25%が端末の設置主

35%がiHubや投資家へ

残りが紹介報酬

このように書くと、自分で生成したものは全部自分に入らないの?と思う人もいるかもしれませんが、会社が利益を得るのは当たり前ですし、紹介報酬は広めるためのマーケティング費用です。

生成したものに対して明確な分け方がされているので、訳の分からない詐欺案件との違いがハッキリしていますよね。

設置すれば本当に長期的に稼いでいけるのかの重要なポイントの一つはクリアしています。

他の煽り案件を見てください。報酬がすごくいいですが1か月も持たずに消え、有名だったPGA?あんなのもポンジなので結局1年も持ちませんから、紹介した人は良くても運用していた人は毎月の報酬は良かったとしても最終的に大損したんじゃないでしょうか?報酬の支払い原資が不明瞭なものはダメです。

端末無料だから誰も損しない

これも大きなポイントでした。

端末が送られてくる時の送料は負担(関税とか色々考慮しても高くて1万円はいかない?ここは正確には分かっていません。)になりますが、iHub側も端末を無料配布するのでHeliumを上手く生成できないネットワーク構築ができなそうなところには端末は送ってこないと思います。

その為、送ってきた=利益が出るというiHub側の見解があるので、その際には送料分はどれくらいの期間がかかるかは置いておいて稼げるはずです。

そして、端末が届いて設置すれば後は、長期間全く何もせずにマイニングしてくれるので正直誰も損しない仕組みになっていると思います。

まとめ

↑で書いたような内容から私はHelium端末を予約しました。

正直、世界中で予約ポイントが増え続けているし、いつのタイミングで入ってくるか分かりません。4か月くらいという人もいますが半導体不足で生産も追いついていない状況なので、私は半年くらいかかると思います。

※2021.10.23追記 海外ユーザーの状況を見ると、現時点で半年待っているユーザーがいますので、日本に入ってくるのはもしかすると1年以上かかるかもしれません。。

都会の方というか、ネットワーク構築ができそうなところ=利益が出るポイントというように考えるはずなので、日本でもそういう所は早いかも知れませんし、これはその場所によって異なる内容なので、だれも正確なことは言えないと思います。

こういうことを書くと、田舎ではダメなのかという事を言う人もいますが、田舎だからダメという事はなく、しっかりと構築さえできればマイニングされますし、IoTは農業などでも使われ始めているので、田舎だろうが都会だろうが需要はあるはずです。

ネットワーク構築の段階で、ただ田舎だから・・とお金を出すわけでもないのに諦めて予約もしないのは一番勿体ない行為です。

田舎で誰も周囲に置きそうにないと自分が考えると同じように、他の人もそう考えるかもしれません。しかしその時に1つでも予約ポイントがあれば、『あ、1か所ある、私も予約してみよう』という気持ちの後押しにもなるので長い目で見て考えていきましょう。

付近に2か所、3か所と増えていけば、無料という事とHeliumの可能性からすると一気に増えていくはずです。

事実、開始1週間での広まり方はとんでもなく、年末ごろには広範囲に達していると考えられます。都心部ではすでに設置したい場所の付近に予約がされており、自身の予約を弾かれてしまう人も出ています。

登録すると予約しなくても冒頭で載せているようなMAPを見ることが出来ます。日々そのMAPの予約状況を見るとどれだけのスピードで予約されているかが分かるので是非見てみてください。

後は予約だけして寝て待ちましょう!

Heliumマイニングの詳細動画

英語になりますが、通訳の方がいますので問題なく視聴できると思います。

長い動画になりますが、必ず最後まで視聴し内容を理解したほうがいいです。

理解すればするほどHeliumへの期待が増すと思います。

マイニングで得たHNT(ヘリウム)売却方法

マイニングされたHNTはすでに上場しているので売ることが出来ます。

現時点では日本の取引所への上場はしていないのでBinance(バイナンス)に登録しておきましょう。

Binance口座開設方法

動画内でも話されていますが、デビットカードなども用意するようですね。

iHub Global登録方法

※設置場所にwifi環境(モバイル回線は不可だと思います)が無い場合は端末の設置が出来ませんのでご注意ください。

また、今は半導体不足で登録者数にたいして生産が追い付いていない為、日本に入ってきても半年先などになる可能性があります。ただ、HOTSPOT(端末設置場所)の予約はしておかないと端末は送られてきませんし、誰かに先に予約されてしまうとやりたくてもやれなくなるので、登録後に必ずHOTSPOT予約まで済ませるようにしてください。

2021.10.23追記、 海外で先に予約しているユーザーも現時点で半年以上待っている人もいます。その為、日本に入ってくるのは1年以上かかるかもしれません。※あくまで個人的な予想にすぎません・・半導体供給解消されれば早まるんでしょうけど。

技適取得もまだで、今はあくまで予約段階です。

参加者はオープンチャットにご招待しますので、登録後LINE@にコメントをください。LINE@はこちら

登録手順

①JOIN IHUB GLOBALをクリック

②YES,SIGN ME UPをクリック

③必要事項を入力し登録完了

HITSPOTを予約する

登録してもSPOTを予約しないと端末が届きませんし場所を確保できないので必ずこの作業まで進めてください。
①画面上の【Reserve your FREE HOTSPOT】をクリック

②配送先住所・スポット住所を入力

※①と②の住所を入力したら【Search】をクリックしてください。そうすると下に住所の候補が表示されます。配送先住所を入力しても、候補に正しい住所が表示されない事があります。今現時点では対処法は無く、数週間後には住所が出なかった際にも設定できるように改善しているとのことですので、その場合は改善まで今しばらくお待ちください。Unit # or Apt #の所は 番地の以下のアパート名などを入力です。

これで端末の登録などは完了です。

紹介を進めていきたい方のために登録マニュアルや説明資料をご用意しておりますので、必要な方はLINEまでコメントください。

ご質問はお気軽にLINEまで!

登録特典

・月利15%超えFX自動売買PAMM初期無料使用権利
是非ご活用ください。