Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴と将来性!購入できるおすすめ取引所

こんにちはJINです。

今回ご紹介するのはUniswap(ユニスワップ)です。

分散型取引所(DEX)の中ではトップクラスの人気なので知っている方も多いと思います。

価格も上昇してきており今後も注目の通貨になります。

Uniswapとは

取引所名 Uniswap
ネイティブトークン UNI
最大供給量 1,000,000,000
公式WEBサイト https://uniswap.org
公式ツイッター https://twitter.com/Uniswap
ホワイトペーパー https://uniswap.org/whitepaper.pdf

 

ユニスワップはイーサリアムブロックチェーン上で稼働する分散型取引所(DEX)であり、流動性プールを利用してスピーディーな交換を可能にします。

ネイティブトークンとして発行される通貨がUNIです。

 

分散型取引所(DEX)とは?

一言で表すと管理者が存在しない取引所。

中央集権型取引所の場合、ユーザーの資産管理や売買の仲介などをやってくれるのが一般的ですが、非中央集権型取引所の場合、管理者が存在しないため自分の資産は自分で管理する必要があります。

そして、「いつ、誰から誰に、いくら」といった売買データの管理はスマートコントラクト機能により自動で処理されます。

管理者不在のため売買手数料が低く、かつ不正が起こりにくい、そしてブロックチェーン技術を利用したプラットフォームなのでセキュリティが強いことが最大の魅力です。

Uniswapの技術・特徴

エコシステム

ユニスワップエコシステムは流動性プロバイダー、トレーダー、開発者で構成されています。

流動性プロバイダー

保有しているトークンを特定のプールへ預けることで流動性を確保するユーザー。

ユーザー数、トークン量が多いほどネットワークの安定に繋がります。

預けている割合に応じて手数料が支払われる仕組みになっており、これを流動性マイニングと言います。

・トレーダー

流動性プロバイダーにより預けられたトークンを利用して交換するユーザー。

投機目的で他の通貨へ交換したり、アプリケーション(Dapps:分散型アプリケーション)で使用したりとその用途は様々です。

・開発者

ウォレットや専用ツールを開発するユーザー。

オープンソースによるアクセスの柔軟性から誰もがユニスワップの機能拡張へ貢献することが可能です。

フラッシュスワップ

ユーザーは次の条件下で任意のトークンを取り出し裁定取引を行うことができます。

・引き出したトークンの代金を支払う

・引き出したトークンを返却する

オラクル

従来の価格決定方法では急激な価格変動の際に正確な価格を把握できないという欠点がありました。

これを解決するために全てのペアは最後のトランザクションを参考に各ブロックの開始時に価格を測定します。

決定された価格を市場価格と同期していない価格に設定、つまり不正を行うにはブロック終了時に操作しなければならず、2ブロック連続で承認作業を行うにはコストかかるためデータ改ざんに強い設計になっています。

Uniswapの将来性

DEX市場の取引高は増加傾向にあり、2021年1月は約5兆8500億円に達して過去最高を記録しています。

特にユニスワップは数あるDEXの中でも全体の45%以上を占めており、最も信頼されたネットワークだと言えるでしょう。

そのネットワーク上で利用されるUNIはさらに価値を帯びる可能性がある通貨です。

今後、さらなる拡大が期待できるポテンシャルを秘めた市場なので注目する価値は十分あると思います。

Uniswapが購入できる取引所

UNIは国内取引所で扱っていないため、海外取引所で購入しなければいけません。

一番のオススメは安心・安全のBinanceです。

  • コインチェックやbitFlyerなどでビットコインを購入
  • バイナンスなどの海外取引所へ送金
  • ビットコイン建てでUNIを購入

超簡単!Coincheck(コインチェック)の口座開設方法と手順を解説します

 

ご質問はお気軽にLINEまで!

登録特典

・後々にも役に立つ軍資金30万円を簡単に稼ぐ方法
・月利15%超えFX自動売買PAMM初期無料使用権利
是非ご活用ください。